耳から汗が良く出てしまう…!耳汗の臭い匂いを予防・改善するための対策方法とリアルな悩みの体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1日中ずっと椅子に座り続けながらデスクワークなどの仕事をしていると、

「汗がひどくて仕事に集中できない…」

「耳の汗の匂いで周りの目が気になる…」

と、耳にかく汗が原因で悩みやストレスを抱えいる人も多いのではないでしょうか?

特に、長い時間の睡眠をとったりするとなると、耳が蒸れてきたり湿っぽくなってしまって、不快に感じてしまい、その悩みやストレスも大きくなってしまいますよね。

しかし、安心してください、耳の汗がひどい人の多くがあなたと同じような悩みを抱えているんです!

・汗の匂いが服に染み付いていて周りの目が気になる…

・耳の汗がすごくてこのままだと恋人に嫌われるかも…

・耳にあせもができてしまい常にかゆいし痛い…

・汗で耳がジメジメ…嫌な汗をどうにかして治したい!

 

やはり悩みを抱えている人のどれをとっても耳にかく汗にはいいことがありません。

今回は、そんな「耳の汗に最適な予防改善方法」「耳の汗に悩む人のリアルな体験談・周りの人の本音」を紹介します。

少しでも今の汗の悩みを解消できればと思うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ase-anserrule

耳の汗が多い人が特に悩んでいることと臭い匂いのリアルな体験談

mimiase01

実際に耳の汗で悩んでいる人のリアルな体験談と、周りにいる人達が耳の汗のひどい人をどのように思っているのか、そのリアルな体験談をまとめて紹介していきます。

⇒【※期間限定】汗に効くサプリメントを初回分640円引きでお得に購入する

耳に汗をかきやすい人の体験談

 

20代男性
「耳の汗は音がすごい…」

眠そうで冴えない感じの20代男です。

真夏の暑い日、耳の汗が不快に思ったことがあります。

クーラーを付けずに扇風機だけで寝ていたのですが、その日は熱帯夜で気温が30度を超えていました。うとうとしはじめているときも、顔や頭皮からは汗がにじみ出てきます。だから枕にはタオルを敷いて寝ているのですが、天井を向いて寝ていると、顔のこめかみや頬を伝って、ちょうど耳の穴のほうに流れていく感じがありました。

そして顔の角度を変えた瞬間に、耳に汗が入り込んだのです。耳に水が入った時のあのぞぞぞぞという音がするような感覚が、布団の上で再現されていました。

うわーっと思って、耳の中の汗を出そうとかっぽじるのと同時に起きていました。その後はすぐにタオルで顔と耳の汗を拭き取り、クーラーを付けて気温を下げました。しかし電気代がもったいないのと体が冷えやすいということもあり、長時間もクーラーをつけっぱなしはしたくないのです。

クーラーを付けて、消してという感じにして、その日の熱帯夜はやり過ごしました。布団の上で耳に汗が入るとは思わなかったので、対策はしたことはなかったですが、やるべきことはこまめに汗は拭き取る、これしか無いと思います。

20代男性
「緊張した時の耳汗がひどい…」

私は耳の汗をかくことがほとんどないタイプのですが、時に耳の汗をかくことがあります。

それは、かなり自分が緊張した時です。

自分は緊張しやすい性格ですので、極度の緊張があるときもあります。緊張すると体から汗が出てきて、耳からも汗が出てきます。

極度の緊張から耳から汗が出てきたときは、耳に水の感触があり、耳から汗が流れているなと感じます。あまり書かない場所だということもあり、気持ち悪く感じます。

また、耳の汗に気を取られて作業や行動がうまくいかないことが多いです。そのため、仕事や生活で緊張することがあっても、極度の緊張感を出さないように、リラックスすることを心がけます。

深呼吸をして、息を大きく吸ったり、トイレに行って気持ちを落ち着かせたりします。それでも、時にはうまくいかず極度の緊張から耳から汗が出ることがあります。

自分の緊張のほぐし方は上手くいかないことが多いので、いろいろ緊張をほぐす方法を探っていると、水を飲むことも良いことが分かりました。緊張した時にその都度水を飲むと緊張が少し和らぎます。

また、最近は仕事の作業も慣れてきたので極度に緊張することも少なくなってきました。慣れと水を飲むことで耳から出る汗は少しづつ減っていきました。

50代男性
「湿っぽい人はかきやすい…?」

現在50歳になったばかりの男性です。昔から汗っかきで汗にはいろいろと悩まされてきました。

普段から緊張すると耳の穴が湿った感じがする症状をよく感じています。その中でも、今から25年ほど前に航空訓練学生だった頃に飛行訓練中の耳の穴からの汗には困りました。訓練15時間程度でまだ緊張状態のまま教官と同乗していていきなり操縦を任された時でした。

頭にはヘッドセットを装着しているので耳は覆われて密閉状態、しかも今までに感じたことのない緊張感が重なったことで耳の穴からの汗はヘッドセットから滴り落ちました。そのせいで無線の声は聞こえなくなり、耳の穴は拭っても湿った状態で2時間ほど難聴状態になりました。

地上に降りてきてから、耳の中を綿棒で丁寧に拭き取り念のため専門医の診断も受けましたが、極度の緊張からの発汗だろうから、深呼吸することとヘッドセットの耳にあたる部分に汗を吸収できるカバーをつけることを勧められました。

あくまでこれは出た汗に対する対処法なので、止める方法は未だに自分なりに模索しています。緊張しそうな時には必ず深呼吸して一呼吸置いてからことに当たるようにしました。これによって、ひどい症状を引き起こすことはなくなりましたが、耳の中の湿っぽさは完全に解消されてはいません。毎日、耳の中を綿棒で軽く掃除するようにしています。

kubiase02

みなさん、やはり耳の汗で悩まれていますね。。。

特に、同じ状況で耳汗の悩みを抱えているという方は早めの改善がとても大切です。

耳の汗の匂いは周りの人にこう思われている

では、そんな耳に汗をかいている人が近くにいた時、周りの人にはどのように思われているでしょうか。

「あの人の周り…なんかクサい。」

「服の汗ジミがひどくて近づきたくない」

そういう風に一度でも見られたり思われたりしてしまうと「不潔」に見られる事がありますし、特に会社で上下関係がある場合になると注意したくてもできません。

生理的に近寄れないなんて事もありえるかもしれませんから注意してください。

でも、そんな時は自分以上に周りの意見を素直に受け入れ、対策する事も大切です。

その一部の人達の体験談を紹介します。

30代女性
「耳が湿っぽい人…」

耳かきをする仕事をしています。

いわゆるマッサージ店と呼ばれる業種です。

お客さんは様々いますが、今1番困っているのが耳の汗です。

想像しにくいかもしれませんが、仕事のスタイル上、膝に片方の耳を置くため汗がひどい人の場合、私の膝にびっしょりと汗をかいています。

お金をもらっているし仕事なので仕方ないですが、決して、良い気持ちはしません。

ただ、もう長い期間やっているので耳汗がひどい人の特徴は私自身も分かっていて、耳垢がねちょねちょしている人です。

耳かきを始めた瞬間にだいたい分かります。

ただひとついえる事は「プライベートではこんな人と絡みたくない!」と思いながら毎日仕事しています。

 

 

kaoase03

なるほど、耳にかいてしまった汗が想像以上に周りにいる人に不快に思われているという事を忘れてはいけませんね。

また、実際に耳に汗をかいている人の多くが以下の対策をしていた事も分かりました。

  • 市販のクリームやスプレーを使う
  • 汗専用のジェルを塗る
  • 飲み薬サプリを飲む
  • タオルを挟む

しかし、実際この方法でも汗のせいで耳周辺が蒸れてしまったり、赤くなってしまっていたり、更に悪化させてしまうんです!

実際に耳汗がひどい人が市販されている制汗剤などを試してみたところ、

「クリームやジェルだと大量の汗で成分が流れ落ちてしまい効果が実感できない」

「制汗スプレーだと瞬間的に冷えるものの、その場しのぎでしかない」

「香料入りだと汗と混ざって匂いを悪化させてしまい、下着にも染み付いてしまう」

このようにどれも汗の根本的な解決したとはいえない場合がほとんどです。

やはり、汗を確実に止めたいと思っても、魔法のような薬はないですし、高額な手術まで踏み切るのもリスクがあります。

そんな時に最適な方法が「飲み薬サプリメント」による汗対策です。

ase-mimi-shousai

⇒汗ケアのおすすめランキングを見てみる

耳の汗に飲み薬サプリがおすすめな理由

耳の汗がひどい人におすすめな対策は「飲み薬サプリを利用する方法」です。

耳は体の中でも非常にデリケートな部分ですから、こうした汗対策用の飲み薬を服用することで、あせもや吹き出物、黒ずみといった肌トラブルの原因を防ぐこともできますし、水だけで服用できるので、周りを気にせずにいつでも汗ケア対策をすることができます。

主に飲み薬サプリの特徴としては、

  • 周りを気にせずにいつでも服用できる
  • 汗が原因で肌荒れトラブルを防げる
  • ベタベタ汗に効く成分を摂取できる

つまり、耳の汗には体の表面的なサポートではなく、サプリによる体の内側からのサポートがおすすめです。

そして、汗対策のサプリの中でも、耳の汗で悩む多くの人に支持されているのが「アセッパー」です。

⇒アセッパーの使い方や効果や効能・評価などの実体験レビューはこちら

a2

asepper※今なら今月限定キャンペーン実施中!

アセッパーは錠剤タイプで飲みやすいのが特徴ですが、美容成分も多く配合されているので肌ケア対策にも有効です。

特に、耳汗の匂いはデスクワークで集中している時に発生するケースが多いです。

「その場で汗ケアができない…」

「周りの目が気になってくる…」

「どんどん汗が出てきてしまう…」

そんな時、その場でクリームなどを塗ることはできませんし、塗ったところで更に悪化してしまうケースが出てきます。

しかし、アセッパーのような飲み薬ならそんな周りのことも気にせず、水さえあればいつでも服用できるので、簡単に制汗と肌ケアができるのもポイントです。

「錠剤はこんなに小粒、だから飲みやすい♪」

a5

更に、この錠剤にはこだわりの天然成分が配合しており、4つのポリフェノールで股汗のネバネバ汗などの汗の質を改善し、緑茶エキスや柿渋エキスでイヤな匂いも軽減することができます。

もちろんこれら配合されている成分の効果は、女性のみでなく男性でもOK。

更に、汗で困っている人がアセッパーを使用したところ、91.7%の人が満足で高評価と回答、リピート購入率も93.5%とほとんどの人が使い続けています。

スクリーンショット 2017-06-23 12.14.14

それでも、

「初めて聞く名前の商品だから心配…」

「自分に本当に合うのか気になる…」

そう不安に思うのも当然です。

自分の体に関することだからこそ、汗ケア選びにはしっかりした判断が大切です。

しかし、そんな不安に思う人でもアセッパーには180日間の返金保証がありますので、とりあえず試してみることもできます。しかも、もし使用してみて効果がなければ返金可能なので安心して始めることができますね。

asepper※今なら初回640円OFFの割引実施中!

⇒まずは1回だけ試してみる

汗専用の飲み薬「アセッパー」のポイントまとめ

ここでアセッパーの特徴をまとめます。

・いつでも飲める錠剤タイプ

・初回分は20%引きで購入可能

・全て天然の自然成分なので安心

・女性にも優しい美容成分を配合

・180日間の返金保証に対応

耳の汗で悩むどんな人でもアセッパーなら汗の改善に繋がるようになります。

そんなアセッパーは今なら初回分を特別価格で購入可能なのでお得に始められます。

通常価格6880円 ⇒

20%OFF⇒5440円

更に、定期購入で更にお得になります。

割引価格5440円 ⇒

640円引⇒4800円

つまり、初回購入コースはもちろん、定期ケアコースなら合計2080円もお得に体の汗ケアを始めることができるんです。

ただし、この割引キャンペーンは期間限定のためいつ終了するか分からないので、180日間保証+初回割引があるうちに購入するのがおすすめです。

⇒特別価格+返金保証付で申込をする

step2 ここがおすすめポイント!

どのような薬でも効果が出るまでには時間がかかるものです。

だからこそ、まずは2ヶ月程度の期間で「定期ケアコース」を試してみることがおすすめです。

そこで効果を実感できなければやめればOKですし、割引価格や180日間の返金保証でお得です。

その場しのぎの物や効果を実感しにくかった市販の汗ケア商品に無駄なお金を使うより、実績のあるアセッパーでやっかいな頬の汗を効果的に改善していきましょう。

今日からできる「汗を抑える体質作り」はもう目の前です!

asepper

耳の汗を改善できると困ったことがなくなり、すごくラクになる

ase-relax

アセッパーで耳の汗を軽減することができれば、これまで汗が原因で気になっていた悩みやストレスがなくなります。

  • 耳の汗の匂いにもう悩まされない
  • 汗ジミがなくなれば洋服も長持ち
  • 汗を気にせず堂々としていられる
  • 周りを気にしなくてよくなる
  • 余計な出費をしなくてもOK
  • もうトイレに駆け込まない

上記のように、これまで汗が原因で面倒くさかったこと(デオドラントペーパーで拭く・下着を履き替える・冷房で冷やす・汗のつぼを押す)をしなくても済むようになります。

当然、汗の匂いや量も気にしなくていいので、より仕事もプライベートも集中できますし、何より自分に自信がつきます。

また、汗は非常にデリケートな体事情ですから、そもそも人に相談したり、見てもらうのは気が引けてしまいます。

もしかすると、実はあなたの周りにいる“なぜか汗をかかない人”も既にアセッパーを始めてるかもしれません。

周りに気付かれない効果的な汗対策でもっと楽な毎日を過ごしていきましょう!

asepper※今なら初回640円OFFの割引実施中!

⇒汗ケアのおすすめランキングを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*